精力剤

亜鉛の効果は女性にもおすすめ!美容と健康の3つの効果と摂取のコツ

投稿日:

亜鉛は、さまざまな機能をもっていて、女性ならではの美容や健康に役立つ栄養素です。

どんな機能や効果が期待できるのか、何を食べるといいのか、食べ方のポイントなどを紹介します。

亜鉛が不足していると損をしているかも…。

亜鉛の効果は男性だけじゃない。女性にも大切な効果があります!

亜鉛は、男性の精力剤として注目されていて、サプリメントのパッケージも男性向けのイメージの物が多くなっています。

では、女性にはどうなのでしょうか?亜鉛の機能を踏まえ、女性に役立つ健康効果や美容効果について取り上げます。

また、亜鉛の摂り方について、吸収の面からポイントをチェックしてみます。

亜鉛ってどんな働きをするの?

鉄に比べると、亜鉛はまだあまり知られていない栄養素かもしれません。

そのため、その重要性を知っている人は少ないと思いますので、亜鉛の機能や役割について説明します。

少しでも足りないなと感じたら、補ってみてはいかがでしょうか。

多彩な機能

亜鉛は酵素の働きを助け、遺伝子の発現やタンパク質の合成など、体を作る基本的な生体反応に関わっています。

亜鉛を必要とする酵素は、免疫系、精子形成、味覚、胎児や子どもの成長などさまざまな機能に働きます。

不足で起こる症状

亜鉛が不足すると、細胞分裂の盛んなところにトラブルが生じます。

たとえば、免疫の低下、精子数の低下、味覚障害、貧血、無月経などが知られています。

また、傷の治りが悪くなったり、甲状腺の機能が低下する場合もあります。

女性ならではの亜鉛の3つの効果

亜鉛は、女性にも男性にも必須の栄養素ですが、中には女性に特有の機能もあります。

女性にとってうれしい健康・美容効果と亜鉛の関係を紹介します。

何かが足りないって思うときは、亜鉛を見直してみて、体のバランスを整えていきましょう。

女性ホルモンの分泌

亜鉛は、さまざまなホルモンの分泌を活性化させる働きを持っています。

もちろん、女性ホルモンについても当てはまります。

卵巣には亜鉛が多く存在し、女性ホルモンの分泌を助けています。

また、卵子にも亜鉛が多いことがわかっており、不足すると不妊の原因になると考えられています。

髪の毛をきれいにする

亜鉛は、髪の毛をつくる毛母細胞の増殖、活性化に必要な栄養素です。

また、髪の毛に多く含まれるケラチンを作ったり、紙の表面を保護するクチクラ(キューティクル)を作ること、紙を黒くするメラニンの生成にも役立っています。

亜鉛が不足すると髪の毛が伸びにくい、抜けやすい、切れやすい、白髪が増えるなど、さまざまなトラブルが起こります。

ただし、薄毛や白髪の原因は様々です。

亜鉛不足が原因の場合のみ、亜鉛の効果が期待できると考えてください。

肌をきれいにする

皮膚は新陳代謝が盛んな場所で、新しい皮膚ができると古い皮膚がはがれ落ち、きれいな肌を保つことができます。

亜鉛は細胞分裂を促進することかがありますので、皮膚の新陳代謝にも役立ちます。

逆に亜鉛が不足すると、新しい皮膚をつくるのに時間がかかり、古い皮膚が長く使われることとなり、肌荒れの原因となります。

亜鉛は皮脂腺にも影響することがわかっており、にきびで悩んでいる人が亜鉛を補充すると、肌がきれいになることが知られています。

亜鉛の上手な摂り方とは

女性の健康と美容に役立つ亜鉛は、どのように摂ったらいいのでしょうか?

また、1日のどのくらい必要なのでしょうか?亜鉛の摂取量や亜鉛を含む食品、上手に摂るコツなどを紹介します。

ご自分の合った方法で、亜鉛を補ってください。

亜鉛の摂取目安:18mg

「日本人の食事摂取基準」によると、成人女性における亜鉛の1日の推奨量は8mg、上限量は35mgとなっています。

これに対して、「国民健康・栄養調査」では通常の食から摂られている亜鉛量は女性では、平均7.2mgというこがわかっています。

比較的多くの人で、やや不足気味といえそうです。

また、亜鉛はサプリメントにもよく含まれている栄養素です。

サプリメント(栄養機能食品)から摂取する場合には、一日の上限値は15mgと設定されています。

亜鉛は、通常の食事では過剰摂取になることはありませんが、サプリメントでは過剰になりやすいので、注意しながら摂りましょう。

亜鉛を過剰摂取すると、銅や鉄の吸収が阻害され、貧血や神経症状といった症状が起こりやすくなります。

亜鉛を多く含む食品

亜鉛を多く含む食品として、よく知られているのが牡蠣です。この他には、レバーや牛肉に多く含まれています。

肉類以外では、パルメザンチーズ、ココア、抹茶、ゴマ、豆腐などに比較的多く含まれています。

上手に摂るための3つのコツ

亜鉛を上手に摂るためのコツは3つあります。一つ目は、ミネラルバランスを考えて摂るということです。

亜鉛と銅、鉄といったミネラルは、同じ吸収システムを使うために競合することがあります。

亜鉛を摂り過ぎると銅や鉄の吸収が悪くなりますし、逆に銅や鉄を摂り過ぎると、亜鉛が吸収されにくくなってしまいます。

二つ目は、ビタミンCと一緒に摂ることです。

亜鉛はビタミンCがあることで吸収率が高まります。

牡蠣や牛肉を食べるときにレモンをかけると、効率よく亜鉛が摂れるのでおすすめです。

三つめは、フィチン酸の摂取を摂り過ぎないことです。フィチン酸というのは、穀類や豆類に多く含まれてる成分で、亜鉛の吸収を妨げてしまします。

フィチン酸をゼロにするというのではなく、亜鉛に対して過剰に摂取しないようにすることがポイントです。

食生活を見直して亜鉛不足を解消!

高カロリーな食事は、代謝のために大量の亜鉛が必要なので、相対的に亜鉛不足になることがあります。

また、食品添加物には亜鉛の吸収を阻害する成分もあり、気づかないうちに亜鉛が不足しているかもしれません。

食生活全体を見直して亜鉛の効果を取り入れ、美容と健康をキープしましょう!

-精力剤

Copyright© シトルリンのすごい効果と選び方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.